映像クリエーターへの道

「うっかり著作権侵害」に注意

映像制作時には「うっかり著作権侵害」に注意

映像制作時には「うっかり著作権侵害」に注意 映像制作時にはうっかり著作権侵害に注意して作る必要があります。
映像制作はどんなものでも作っていいというわけではなく、著作権がある物については許可を取らなければならないものもあります。
うっかりでは済ますことが出来ないのが今の時代です。
ネットに投稿すればそれが全世界で見られる映像になるわけですから、うっかり著作権侵害をしようものなら訴えられて、大きな損害を受けることになります。
金銭的な損害だけでなく信用を失うことにもなるでしょう。
映像制作時にはこうした問題は必ずついて回ることになるといっていいでしょう。
一から自分で作っているつもりでも、過去に見たことがある映像を参考にしていることはかなりあります。
自分では気づかないで他人の物を使っていることもありますから、映像を制作している時にはこうしたことが無いようにチェックするということも必要になります。
自分一人では危険なので他の人にチェックしてもらうのも有効です。

映像制作の「プロ」といえるのはどこからなのか

映像制作の「プロ」といえるのはどこからなのか 映像制作でプロといえるのは、映像制作をして報酬をもらう事が出来るようになればプロといっていいでしょう。
ですから、最近する人が増えているユーチューバーのような人たちも立派なプロです。
ユーチューブには趣味で報酬無しで投稿することも出来るので、これは当然趣味という事になります。
動画に広告を載せて報酬が貰えるようになって、それでご飯が食べられるようになればそれで専門家として立派にやっていると胸を張って言って問題ありません。
世間ではユーチューバーを称える声と非難する声と両方ありますが、これでご飯が食べられるようになっているというのであれば、それは既に自分の顧客の要望に応えるだけの映像制作が出来ているということの証です。
やってみると分かりますが、映像制作でご飯が食っていけるようになるというのは、そんなに簡単なことではありません。
特に今は多くの人が参入してきて激戦になっているのがこの分野の仕事でもありますから、そこでご食っていけるのは凄い事です。

Copyright (C) 2017 映像クリエーターへの道. All Rights Reserved.