映像クリエーターへの道

ディスプレイにこだわる

ディスプレイにこだわる

ディスプレイにこだわる 映像制作をする上でディスプレイは大事です。一つのモニタで作業する方々がいらっしゃいます。イラスト制作などはモニタが一つでも比較的スムーズに進められます。一方で映像制作の場合は、複数の画面で作業した方が捗るため、2台以上のディスプレイを用意したいところです。

以前は製品の値段が高すぎて導入するのは困難でした。ところが最近では海外製の安価な製品が市場に新規参入しました。韓国製や中国製の商品は日本製に比べて安価です。それでいて品質は特に良好であり、韓国企業の製品は特に世間一般で高く評価されています。

一般的な画面でも映像制作は進められますが、いわゆる事務用の一般的な物だとコンテンツのカラー表現に難が出る事があります。完成した映像を見て「あれ?色味がおかしい」と感じた事がある方々も多いようです。原因は映像制作を進める画面の色表現のバランスが崩れていたり、そもそもモニタのカラーバランスに癖がある等して、いわゆる正しい色が表現されない事にありますので、奮発して良い製品に買い替える事も検討すべきです。

映像制作発注時には事前の確認がトラブルを回避する

映像制作発注時には事前の確認がトラブルを回避する 映像制作を発注する機会は大手企業だけに留まりません。
今の映像発信はテレビ局などの限られた方法だけではなく、インターネットを利用すればよりターゲットを絞った層に対して効果的にアプローチをすることが可能になります。
テレビは今や唯一の情報発信手段ではありませんので、中小企業でも映像制作を通して自社の製品やサービスを紹介アピールできる時代になっています。
映像制作では事前の確認がとても重要になってきます。
一度撮影を開始してしまうと途中からの変更が出来なくなってしまったり、変更のために予想以上の経費が発生してしまうこともあります。
最初の依頼段階で企画書をしっかりとお互いに確認をし合っておくこと、契約書の内容なども精査する必要があります。
今はどの業界も人手が足りない時代ですので、制作のスケジュールに無理がないかどうかも大切な項目になります。
依頼前から打ち合わせを入念にしておくことが、発注後のトラブル回避に繋がります。

Copyright (C) 2017 映像クリエーターへの道. All Rights Reserved.